ウェディングフェアの選び方や注意点は?平均何件くらい行くものなの?

ウェディングフェアの選び方はどのようなものでしょうか?

ウェディングフェアの選び方には大きく分けて3つのポイントがあります。その1つは体験したい内容が含まれているか、というものです。

一般的なウェディングフェアには、結婚式の1日を体験することができるトータルフェアがあるほか、演出体験や試着、会場装飾、それに試食体験など専門的なジャンルに分かれているフェアがあります。全体的なイメージを掴みたい人にはトータルフェアが向いているでしょう。

しかし沢山の内容が含まれているため、所要時間も長くなる傾向があります。その点、体験したいことだけを必要に応じて体験できる専門フェアは、それほど長い時間を取られる訳ではないので気軽に参加することができます。

ウェディングフェアの選び方のポイントには、参加できる日時に行われるかという点も挙げられるでしょう。一般的には休日に行われているフェアが多い傾向がありますが、人によっては土曜日や日曜日は仕事があるため休めないということもあるものです。

その場合には、平日におこなわれているものを選んで参加することをおすすめします。そしてウェディングフェアの選び方として最後に挙げられるポイントは、自分に合っている内容かということです。

例えば妊娠中ならマタニティー向けのフェアを利用するのもおすすめです。

ウェディングフェアの注意点はどのようなものでしょうか?

ウェディングフェアの注意点には、いくつかのポイントを意識することが挙げられます。

ウェディングフェアに行く前に考えておくことがあるほか、当日に会場で注意して見ておくポイントを押さえて参加するのがおすすめです。まず、ウェディングフェアに行く前に考えておくことは、招待するゲストの人数や予算、それからおおよその式を挙げる時期です。

ウエディングケーキ

ゲストの人数を考えておくとスムーズに見積もりを出してもらえ、予算が自分たちに合っているかを確認できます。また人気の会場は早々と予約が埋まってしまうこともあるので、時期を考えておけばフェアに行った会場が利用できるかどうかもすぐに確認でき、効率が良いです。

そしてウェディングフェアの当日は会場へのアクセスがしやすいかどうかをチェックするほか、ウェルカムスペースや挙式会場、披露宴会場もチェックポイントになります。それから料理や衣装を体験できる場合には、ゲストに合った料理を出せるかどうかや、着たい衣装があるかどうかも確認しておきましょう。

何となく参加していると見過ごしてしまう可能性があるので、これらの注意点を意識して参加することをおすすめします。また見積もりで分からないことがあった場合は、質問して分からないままにしないことが大切です。

ウェディングフェアって平均何件くらい行くものなの?

結婚式を考えている新郎新婦に欠かせないことと言えば『ウェディングフェアに行って式場見学をすること』ですが、その平均的な見学件数は何件くらいかというとそれは人それぞれです。どうしてもその式場で結婚式を挙げたいと考えている人は一つしかいかない場合もありますし、イメージも固まっておらず色々なパターンを見ておきたいと考えている人は10件近くの式場見学やブライダルフェアに足を運ぶ場合もあります。

その平均で言えば、5件前後の式場を見学する方が多いようです。ウェディングフェアは土日に行われていることが多いので、何件もの見学を行いたい場合にはスケジューリングをきちんと行っておく必要があります。

1日に可能なフェア参加件数は、多くても3件くらいです。午前中・昼間・夕方と3件回るのは少々大変ですが、色々と見ておきたい方には必要な作業であるとも言えます。

ブライダルフェアには披露宴で実際に提供されるお料理の試食が含まれている場合もあるので、全体でどのくらいの時間がかかるものなのか事前に把握しておくとスケジューリングがスムーズになります。そのようなフェア見学に特化した日を2~3日経て、最終的な式場決定に活かすという方が多いようです。

婚姻届はいつ出す?後悔しない決め方やおすすめの日、取り消しできるのか?婚姻届けは未成年でも提出できる?

婚姻届はいつ出す?後悔しない決め方やおすすめの日を紹介

結婚が決まったら、今度は婚姻届をいつにするのか考えることになります。婚姻日は正式に夫婦となるために重要な届け出をし、一生に一度の記念日となります。

そのため、いつに出したらいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。婚姻届を出す時のおすすめの日には、どのようなものがあるのでしょうか。

婚姻届を出す時に後悔しないために大事なのが、適当に決めないということです。適当に決めると記念日を忘れやすくなってしまうでしょう。

できれば「これだ」という理由を考え、出す時を考えましょう。また、結婚は様々な人がかかわるので、結婚相手と相談したり、両親にも確認してもらったりすると後悔することはありません。婚姻届を出す時におすすめなのが縁起のよい日です。「大安・友引・一粒万倍日・天赦日」など。

婚姻届

結婚自体とても縁起がいいものなので、幸せな夫婦になれることを祈って、縁起が良い日に出すのはとても良いでしょう。他には、二人の記念の日に出すのもおすすめです。

出会った時や、付き合い始め時など、思い出深い日の入籍に憧れる人も多いものです。二人の歴史が始まった瞬間にすることで他の人とも被らないですし、毎年初心に返る良い機会にもなってくれます。

婚姻届けはどういった場合に取り消しできるのか?その方法は?

一度出した婚姻届けをなんらかの理由があって取り消したいという人もいるのではないでしょうか?結論から申し上げると、婚姻届けを取り消しできる方法はあります。もちろん簡単にはできません。

詐欺で騙されていたり、強迫等で無理矢理サインした場合などが取り消しの対象となります。この場合は家庭裁判所に調停を申し立てる、若しくは調停が不成立となった場合は訴訟を起こし取り消しをするよう求める必要があります。

また、役所のミスによって受理された場合も取り消しの対象となります。例をあげると、重婚や再婚禁止期間での婚姻、年齢が婚姻適齢(男性18歳、女性16歳)に達していなかった場合、近親者同士での結婚も取り消しの対象となります。

調停にしろ訴訟にしろ、一度受理されてしまった婚姻届けを取り消しするには時間がかかってしまいます。離婚届にサインしてもらって提出すれば1日ですむでしょうが、取り消しにすることのメリットがあります。

それは、離婚と違っていわゆる「バツイチ」という扱いにはなりません。ちなみに取り消しと無効の違いは効力のが及ぶ時間にあります。

取り消しの場合は将来に効力が発生するのに対して、無効の場合は最初から婚姻事態がなかったことになるので遡って効力が及びます。

婚姻届けは未成年でも提出できる?何歳から結婚できるの?

未成年が婚姻届を出すためには条件があります。

男は18歳、女は16歳以上なら婚姻できますが、婚姻届を出すときに父母の同意が必要になります。未成年者の意志だけでは手続きができないのです。

では父母の両方の同意が必要なのかというとそうではありません。父母のどちらか一方の同意で大丈夫です。

父母の両方がすでに死亡していたり、行方不明の場合は同意は不要です。両親がいなくても理由があれば未成年でも婚姻届は出せるということです。

父母の同意の方法は婚姻届とは別に同意書を付けてもいいし、婚姻届のその他欄に婚姻に同意する旨と署名押印をしてもいいです。婚姻届は全国の市区町村の役所でもらえます。

自分の住んでいる地域の役所でなくても構いません。提出先は夫の本籍地、住所地、または妻の本籍地、住所地で、一時滞在地でもいいです。

未成年の婚姻届は役所でも慣れているので、特に難しいことはありません。必要な書類が揃っていて父母の同意があればいいだけです。

未成年ということで守られていたこともありますが、婚姻によって成人とみなされることも出てきます。婚姻したらうれしい気持ちと同時に今まで以上に責任を持たなくてはいけないこともあるので、両親ともよく相談するのは必要なことです。

夜間や休日に婚姻届を出したい場合どのようにすればいいの?郵送は可能?時間外提出する際の注意点について

夜間や休日に婚姻届を出したい場合どのようにすればいいのでしょう?

婚姻届は、役所が開いている平日の日中に戸籍課などの担当窓口へ提出するのが通常ですが、夜間や休日に提出することも可能です。ふたり揃って提出に行きたいけれど平日に仕事をしていて休みが合わない場合や、入籍したい日が土日祝日にかかってしまう場合は、役所の時間外窓口を利用しましょう。

ただし、夜間や休日に婚姻届を出す場合は、役所が開いている時間に窓口へ提出する時と異なる点がありますので注意が必要です。まず必要書類は婚姻届と身分証明書の2点で、こちらは時間内・時間外とも同じです。

しかし、時間外窓口では婚姻届を預かるだけで中身の確認はしません。実際に受理をするのは役所が開いてからになります。

万が一不備があった場合は、軽微な誤りであれば電話での確認ですむこともありますが、不備内容によっては役所が開いている時間に改めて訂正に行かなければなりません。その場合、訂正した日を入籍日とするか、最初に提出した日を入籍日とするかは各自治体によって異なります。

また、軽微な訂正であれば最初に提出した日が入籍日になるけれど、重要な箇所に誤りや記入漏れがあった時には受理できず、訂正した日が入籍日になる場合もあります。どうしても入籍日にこだわりたい場合は、婚姻届の事前確認をきちんとしましょう。

役所に出向く暇がない時には婚姻届を郵送することは可能?

婚姻届というと役所に出向いて提出するのが一般的ですが、実は郵送でも提出することができます。普通郵便として送ることもできますし、書留などを利用する場合もあります。

普通郵便は信書を送ることが可能なので婚姻届を郵送するのに適していますが、追跡機能などは付いていません。きちんと届いているのか知りたいという時には、書留を利用するのがおすすめです。

それから婚姻届を役所に赴いて自分で提出する際には、全国どこの役所に提出しても受け付けてもらえます。沖縄などでリゾート婚をして、そのまま婚姻届を提出するといったこともあります。

しかし、郵送する場合には居住地か本籍地がある役所にしか提出することはできません。また、婚姻届に不備があったり、必要な書類が無かったりすると受理してもらえないので注意が必要です。

書類には戸籍謄本か戸籍抄本が必要になります。どちらが必要なのかは自治体によって異なっているので、事前に確認しておく必要があります。

戸籍謄本や戸籍抄本は本籍地がある自治体の役所でもらうことができます。忙しくて取りにいけない時には、郵送で取り寄せることもできます。

そして婚姻届が無事に受理された場合には、婚姻届受理通知書が双方に送られてきます。

婚姻届の提出時間は?時間外提出する際の注意点についても解説します

婚姻届を入手して、全ての欄に記入を終えたら後は役所に提出するだけです。

通常、婚姻届は役所に直接出向いて、戸籍住民課に提出するのが一般的ですが、この場合の提出時間は、平日の役所の開庁時間である午前9時から午後5時までとなります。ただし、仕事などの都合によって開庁時間内に役所に行くのが難しい場合や、希望する入籍日が土日や祝日となってしまった場合など通常の提出時間での提出が難しい場合でも心配はいりません。

役所では婚姻届の届出を24時間365日受け付けているため、夜間や土日祝日でも婚姻届の提出は可能です。しかし、開庁時間外に婚姻届を提出したい場合、当然ながら戸籍住民課では対応してもらえないため、この場合は時間外窓口で対応してもらう必要があります。

注意!

なお、時間外窓口に提出した婚姻届や書類の確認はその場では行われず、平日の開庁時間内に行われます。提出物に問題がなければよいのですが、何らかの不備があって後日訂正を行った場合、婚姻届けを提出した日と入籍日がズレてしまいます。

そのため、入籍日にこだわる場合は提出物に不備がないか入念に確認しておくことが大切です。また、提出前に一度戸籍住民課に出向いて、記入済みの婚姻届を確認してもらっておくと安心でしょう。

結婚式の後の披露宴にはどんな意味があるの?招待する人の席は?相場はいくらぐらいか?

結婚式の後の披露宴にはどんな意味が含まれているの?

結婚式のあとには親族や友人らを招いて披露宴をすることが多くなっています。結婚式には欠かせない存在となっていますが、披露宴にはどのような意味があるのかも知っておきたいところです。

結婚式と披露宴の違いが良く分からないという人もあるかもしれませんが、結婚式は神や参列者の前で結婚を誓う儀式で指輪の交換などが行われます。どちらかというと儀式的な意味合いを持っています。

衣裳も白いウエディングドレスや白無垢が選ばれることが多くなっています。そして、披露宴は、二人が結婚したということを周囲の人たちに知らせるという意味があります。

披露宴では、親族や友人など多くの参列者が招かれ、料理やお酒が振舞われます。そして、さまざまな余興も行われ、花嫁のお色直しなども行われ、カラードレスなども着用されます。

ウエディングケーキへの入刀も結婚の代表的な場面となりますが、これも結婚式ではなく披露宴で行われることが一般的です。結婚式が儀式であるのに対して、披露宴は多くの人と一緒に楽しむパーティー的な存在であることが大きな違いといえます。

結婚式と披露宴はセットで行われることも多くなっていますが、どちらも必要というわけではなく、結婚式のみ、披露宴のみなどそれぞれが自由に選ぶことができます。

披露宴に招待する人の席はどのように配置するのがマナーなのでしょうか?

結婚披露宴ではたくさんの準備をしなければなりませんが、その中でも席の配置を決める作業は特に悩む作業の一つといわれています。

しかし、マナーを知っていれば、披露宴の席決めがスムーズにすすみ、あまり時間をかけずに他の準備作業へと進むことができます。近年は結婚披露宴の形式も多様化してきていますが、新郎新婦の席から向かって左側に新郎側のゲストを、右側に新婦側のゲストを配置するのはどのような形式であっても共通のマナーとなっています。

披露宴

一方、手前から奥までの配置については、上座と下座の関係にしたがって決めていくのがマナーです。披露宴においては新郎新婦がいる席に最も近い所が上座、一番遠い所が下座となります。

したがって、上座にあたる新郎新婦の手前の席には、主賓や勤務先の上役などといった地位の高い関係者を優先して配置します。勤務先から複数の上役を招待する場合は、役職が高い順に上座から配置していくと良いです。

以降は上座に近い方から、担任の先生などの恩師、在籍していた学校や仕事場の先輩、友人・知人・同僚、職場や学校の後輩、親族の順に配置していきます。新郎新婦の家族は当人とともに招待者をもてなす側となるため、座席は下座、つまり新郎新婦から最も遠い場所になります。

結婚披露宴を行うための金額の相場とはいくらぐらいか?

結婚披露宴を行うためには、その相場を意識して様々な物事を決めることが必要と考えているケースが少なくありません。また実際に様々なところでも相場を意識することが重要なポイントとされていることも多いのですが、あまり相場を意識すると本来の披露宴の内容がおろそかになってしまうと考えることも多いものです。

そのため、その金額を十分に把握することが必要ですが、内容にも気を配ることが大切になります。一般的には、結婚披露宴を行う場合結婚式場等で様々なパッケージが用意されており、人数と演出のグレードによって金額が決まるものです。

最近では比較的質素にはなっていますが、それでも2百万円から3百万円程度の金額は見込まなければなりません。しかしこれはすべて披露宴の段取りを式場側に任せる場合で、自分自身で行う場合にはこれよりもかなり安く抑えることができます。

特に最近では会費制で披露宴を行うと言うケースも増えており、レストランなどを借り切って自分なりの構成で行うと言うものも少なくありません。この場合には料理の費用と会場の貸切費用だけで実現できるので、場合によっては百万円程度で実現できる場合もあります。

披露宴の相場観を掴むためには、様々な前提を十分に確認することが重要なポイントとなっています。

結婚式の披露宴で喜ばれる食事、スピーチを成功させるためのコツ、人気の高い演出は?

結婚式のメニューで悩んでいます。披露宴で喜ばれる食事って?

結婚式での披露宴の食事って、意外とその結婚式の満足度を左右しかねません。婚礼料理には主に和食やフレンチ、中華など等のジャンルがありますが、ポイントはどのカテゴリの料理を選択しても、できるだけ披露宴の食事メニューの品数が増やすということにあります。

品数が多いとそれだけで結婚式がとても豪華に見えますし、ゲストの方も食べきれないほどの品数が出てきたことでおもてなしを十分に受けられたと満足します。それだけで結婚式のフォーマル度がとても高くなってくれるはずです。

品数を増やしても1皿のボリュームは少なめにするのもポイントです。長い披露宴の食事でコース料理として美味しく食事を楽しむことができるのは大体7品から9品くらいの範囲でそこにプラスくらいが豪華になりますが、1皿の分量はできるだけ食べやすい量であること重要です。

1皿の分量が多いが品数は少ないというメニューは逆に避けます。時間をかけて満足させることを重視し、短時間での食事は楽しみながら料理を味わえなくなります。

気になる結婚式での披露宴の食事の予算ですが、大体招待するゲストの食事の相場は1万円から2万円のコースが相場で、一般的な結婚式のご祝儀って3万円くらいですからそれを考慮して、披露宴の食事の予算はおおよそその半分を占めると思ってください。

結婚式の披露宴でスピーチを成功させるためのコツは何ですか?

社会人になると、同僚や旧友の結婚式に招待されることも増えてくるでしょう。

そして、披露宴に呼ばれた際には友人を代表してスピーチを求められることがあるかもしれません。そんなとき、スピーチを成功させるコツにはどのようなものがあるでしょうか。

まず、スピーチの長さですが2分間を目安に内容をまとめるのが得策です。長すぎると場の雰囲気がダレて来ますし、主役はあくまで新郎新婦なので目立ちすぎるのも良くありません。

スピーチ

話す内容は新郎新婦にまつわるエピソードが無難ですが、その場に出席している人たちにもわかるような話題を選びましょう。披露宴には現在の職場の人をはじめ親族や卒業した学校に居た恩師など、さまざまな人が出席しています。

自分たちの職場や卒業した学校の人でなければわからないような内輪受けの内容は良くありません。エピソードの中には新郎新婦の失敗談などもあるかもしれませんが、最後には必ず明るく終わって彼らを讃えるような内容にまとめるのが基本です。

誰が聞いても心が和み、人生の晴れの門出にふさわしい気分になれるような配慮が重要です。披露宴では自分以外にも新郎新婦の上役や恩師もスピーチをされるでしょう。

あとに続く人たちに気持ちよくつなげられるように、笑って終わる内容にまとめるのが大切なポイントです。

結婚式の披露宴で人気の高い演出にはどんなものがある?

披露宴で人気の高い演出には、花嫁の手紙があります。

花嫁が両親にあてて感謝の手紙を読む演出で、披露宴の定番となっていますが根強い人気を誇っています。参加しているゲストも話を聞いているうちに、つい涙ぐんでしまうこともあります。

手紙を読む際にはあまり色々なエピソードを詰め込むとまとまりのない印象になってしまうので、起承転結でメリハリをつけてまとめるのがおすすめです。具体的なエピソードを1つか2つ程度入れると、臨場感が増します。

最近では、新婦だけではなく新郎が両親への手紙を読んだり、スピーチをしたりすることも多くなっています。それからお色直しで新郎新婦が席を外す時などに行われることが多いのが、プロフィール映像になります。

二人の生い立ちを子供の頃の写真を使って紹介していき、二人の馴れ初めなども紹介したりします。二人の成長を振り返ることができるので、身近な人達も楽しんで見られます。

紹介する写真の中に披露宴に参加しているゲストが登場することもあり、多いに盛り上がります。お色直しの時などは主役の2人が中座しているので、ゲストは手持ち無沙汰になってしまいます。

そういった時にプロフィール映像を流すと、ゲストに楽しんでもらえます。