ウェディングフェアとはどのようなものなの?服装や聞くことはどのようなこと?

ウェディングフェアとはどのようなものなのでしょうか?

ウェディングフェアとは、これから結婚式をする予定のカップルや家族向けに、ホテルや結婚式場がおこなっているイベントのことです。ブライダルフェアと呼ばれることもあります。

結婚式から披露宴までを全体的に体験することができるものや、専門的な小さなイベントまでさまざまなものがあるのが特徴です。体験をした後には、ウェディングプランナーによるカウンセリングの時間が設けられていることが多くあります。

トータルフェアと呼ばれているものは、挙式から演出試食衣装の試着までトータルで体験することができるものです。そのため今まで結婚式に出席したことがなく、イマイチどのようなことをするのかピンとこないという人にもおすすめです。

トータルフェアを利用することで、全体的なイメージを掴みやすいというメリットがあります。演出を体験できるフェアではバージンロードを歩いてチャペルでの挙式を体験したり、フラワーシャワーやバルーンリリースなどをしたりできます。

また試着体験や会場装飾の見学フェアは、好きなドレスや和装を試着や、テーブルコーディネートの見学が可能です。このようにウェディングフェアとは、その会場での結婚式や披露宴を体験できるイベントです。

もし機会があれば参加してみてはいかがでしょうか。

ウェディングフェアでは服装はどのようなものが良いですか?

ウェディングフェアの服装は、特に決まりがあるわけではありません。

基本的には普段着で参加して良いとされています。結婚式場やホテルでおこなわれるためフォーマルな服装でなくてはいけないのではないか、と思われることもあるでしょう。

しかし、本当の結婚式のようにドレスアップして出かける必要はないので、安心して参加できます。とはいえ、サンダル履きやよれよれのTシャツにジーンズといった、カジュアルすぎる服装は避けた方が良いかも知れません。

というのも、大抵の場合ウェディングフェアにはほかの参加者もいて、キレイめなファッションで訪れる人が多いため、浮いてしまう可能性があるからです。女性ならパンプスに合う上品な服装、男性は革靴にあう服装などがおすすめです。

もしウェディングフェアで試着体験がある場合には、脱ぎ着がしやすい服装を選ぶ方がスムーズに体験をすることができまう。肩を出すドレスを試着する際には、肩ひもがない下着を着けていると、イメージが分かりやすいというメリットがあります。

とはいえウェディングフェアの服装は必ず、このようにしなくてはならないという決まりはないので、ややキレイめなファッションを意識しつつも気軽な気持ちで参加してみてはいかがでしょうか。

ウェディングフェアで聞くことはどのようなことでしょうか?

ウェディングフェアでは聞くことをあらかじめ考えておいて参加すると、せっかくの機会を無駄にすることなく結婚式場や披露宴会場を検討することができるのでおすすめです。

相談

アクセス方法に関してウェディングフェアの当日に担当者に聞くことは、まず送迎サービスの手配ができるかどうかです。それから車で来るゲストがいる場合には、駐車場はあるかどうかも聞いておきましょう。

ウェルカムスペースに関してですが、待ち時間の間にドリンクや軽食を提供できるか、落ち着いて待つことができるロビーやラウンジはあるか、も確認するべきポイントです。また親族の控室は両家が別々にあるほうが快適なので、これらを用意できるか確認しておきます。

そして挙式中には写真撮影はして良いのか、雨天の場合のアフターセレモニーはどうなるのかも聞いておきましょう。見積もりに関しては分からないことも多いかもしれません。

もし不明なところがあれば、遠慮なく質問してはっきりさせておくことをおすすめします。さらに内金や申込金の金額といつまでに支払うのか、キャンセルする場合にはどうなるのかもよく聞いておくのがおすすめです。

このようにウェディングフェアでは聞くことがいろいろありますが、特にお金に関してはよく確認しましょう。