夜間や休日に婚姻届を出したい場合どのようにすればいいの?郵送は可能?時間外提出する際の注意点について

夜間や休日に婚姻届を出したい場合どのようにすればいいのでしょう?

婚姻届は、役所が開いている平日の日中に戸籍課などの担当窓口へ提出するのが通常ですが、夜間や休日に提出することも可能です。ふたり揃って提出に行きたいけれど平日に仕事をしていて休みが合わない場合や、入籍したい日が土日祝日にかかってしまう場合は、役所の時間外窓口を利用しましょう。

ただし、夜間や休日に婚姻届を出す場合は、役所が開いている時間に窓口へ提出する時と異なる点がありますので注意が必要です。まず必要書類は婚姻届と身分証明書の2点で、こちらは時間内・時間外とも同じです。

しかし、時間外窓口では婚姻届を預かるだけで中身の確認はしません。実際に受理をするのは役所が開いてからになります。

万が一不備があった場合は、軽微な誤りであれば電話での確認ですむこともありますが、不備内容によっては役所が開いている時間に改めて訂正に行かなければなりません。その場合、訂正した日を入籍日とするか、最初に提出した日を入籍日とするかは各自治体によって異なります。

また、軽微な訂正であれば最初に提出した日が入籍日になるけれど、重要な箇所に誤りや記入漏れがあった時には受理できず、訂正した日が入籍日になる場合もあります。どうしても入籍日にこだわりたい場合は、婚姻届の事前確認をきちんとしましょう。

役所に出向く暇がない時には婚姻届を郵送することは可能?

婚姻届というと役所に出向いて提出するのが一般的ですが、実は郵送でも提出することができます。普通郵便として送ることもできますし、書留などを利用する場合もあります。

普通郵便は信書を送ることが可能なので婚姻届を郵送するのに適していますが、追跡機能などは付いていません。きちんと届いているのか知りたいという時には、書留を利用するのがおすすめです。

それから婚姻届を役所に赴いて自分で提出する際には、全国どこの役所に提出しても受け付けてもらえます。沖縄などでリゾート婚をして、そのまま婚姻届を提出するといったこともあります。

しかし、郵送する場合には居住地か本籍地がある役所にしか提出することはできません。また、婚姻届に不備があったり、必要な書類が無かったりすると受理してもらえないので注意が必要です。

書類には戸籍謄本か戸籍抄本が必要になります。どちらが必要なのかは自治体によって異なっているので、事前に確認しておく必要があります。

戸籍謄本や戸籍抄本は本籍地がある自治体の役所でもらうことができます。忙しくて取りにいけない時には、郵送で取り寄せることもできます。

そして婚姻届が無事に受理された場合には、婚姻届受理通知書が双方に送られてきます。

婚姻届の提出時間は?時間外提出する際の注意点についても解説します

婚姻届を入手して、全ての欄に記入を終えたら後は役所に提出するだけです。

通常、婚姻届は役所に直接出向いて、戸籍住民課に提出するのが一般的ですが、この場合の提出時間は、平日の役所の開庁時間である午前9時から午後5時までとなります。ただし、仕事などの都合によって開庁時間内に役所に行くのが難しい場合や、希望する入籍日が土日や祝日となってしまった場合など通常の提出時間での提出が難しい場合でも心配はいりません。

役所では婚姻届の届出を24時間365日受け付けているため、夜間や土日祝日でも婚姻届の提出は可能です。しかし、開庁時間外に婚姻届を提出したい場合、当然ながら戸籍住民課では対応してもらえないため、この場合は時間外窓口で対応してもらう必要があります。

注意!

なお、時間外窓口に提出した婚姻届や書類の確認はその場では行われず、平日の開庁時間内に行われます。提出物に問題がなければよいのですが、何らかの不備があって後日訂正を行った場合、婚姻届けを提出した日と入籍日がズレてしまいます。

そのため、入籍日にこだわる場合は提出物に不備がないか入念に確認しておくことが大切です。また、提出前に一度戸籍住民課に出向いて、記入済みの婚姻届を確認してもらっておくと安心でしょう。