結婚式の後の披露宴にはどんな意味があるの?招待する人の席は?相場はいくらぐらいか?

結婚式の後の披露宴にはどんな意味が含まれているの?

結婚式のあとには親族や友人らを招いて披露宴をすることが多くなっています。結婚式には欠かせない存在となっていますが、披露宴にはどのような意味があるのかも知っておきたいところです。

結婚式と披露宴の違いが良く分からないという人もあるかもしれませんが、結婚式は神や参列者の前で結婚を誓う儀式で指輪の交換などが行われます。どちらかというと儀式的な意味合いを持っています。

衣裳も白いウエディングドレスや白無垢が選ばれることが多くなっています。そして、披露宴は、二人が結婚したということを周囲の人たちに知らせるという意味があります。

披露宴では、親族や友人など多くの参列者が招かれ、料理やお酒が振舞われます。そして、さまざまな余興も行われ、花嫁のお色直しなども行われ、カラードレスなども着用されます。

ウエディングケーキへの入刀も結婚の代表的な場面となりますが、これも結婚式ではなく披露宴で行われることが一般的です。結婚式が儀式であるのに対して、披露宴は多くの人と一緒に楽しむパーティー的な存在であることが大きな違いといえます。

結婚式と披露宴はセットで行われることも多くなっていますが、どちらも必要というわけではなく、結婚式のみ、披露宴のみなどそれぞれが自由に選ぶことができます。

披露宴に招待する人の席はどのように配置するのがマナーなのでしょうか?

結婚披露宴ではたくさんの準備をしなければなりませんが、その中でも席の配置を決める作業は特に悩む作業の一つといわれています。

しかし、マナーを知っていれば、披露宴の席決めがスムーズにすすみ、あまり時間をかけずに他の準備作業へと進むことができます。近年は結婚披露宴の形式も多様化してきていますが、新郎新婦の席から向かって左側に新郎側のゲストを、右側に新婦側のゲストを配置するのはどのような形式であっても共通のマナーとなっています。

披露宴

一方、手前から奥までの配置については、上座と下座の関係にしたがって決めていくのがマナーです。披露宴においては新郎新婦がいる席に最も近い所が上座、一番遠い所が下座となります。

したがって、上座にあたる新郎新婦の手前の席には、主賓や勤務先の上役などといった地位の高い関係者を優先して配置します。勤務先から複数の上役を招待する場合は、役職が高い順に上座から配置していくと良いです。

以降は上座に近い方から、担任の先生などの恩師、在籍していた学校や仕事場の先輩、友人・知人・同僚、職場や学校の後輩、親族の順に配置していきます。新郎新婦の家族は当人とともに招待者をもてなす側となるため、座席は下座、つまり新郎新婦から最も遠い場所になります。

結婚披露宴を行うための金額の相場とはいくらぐらいか?

結婚披露宴を行うためには、その相場を意識して様々な物事を決めることが必要と考えているケースが少なくありません。また実際に様々なところでも相場を意識することが重要なポイントとされていることも多いのですが、あまり相場を意識すると本来の披露宴の内容がおろそかになってしまうと考えることも多いものです。

そのため、その金額を十分に把握することが必要ですが、内容にも気を配ることが大切になります。一般的には、結婚披露宴を行う場合結婚式場等で様々なパッケージが用意されており、人数と演出のグレードによって金額が決まるものです。

最近では比較的質素にはなっていますが、それでも2百万円から3百万円程度の金額は見込まなければなりません。しかしこれはすべて披露宴の段取りを式場側に任せる場合で、自分自身で行う場合にはこれよりもかなり安く抑えることができます。

特に最近では会費制で披露宴を行うと言うケースも増えており、レストランなどを借り切って自分なりの構成で行うと言うものも少なくありません。この場合には料理の費用と会場の貸切費用だけで実現できるので、場合によっては百万円程度で実現できる場合もあります。

披露宴の相場観を掴むためには、様々な前提を十分に確認することが重要なポイントとなっています。